社団関係者による講演会・研修会の実施報告(2022年11月13日)

日本老年行動科学会第24回京都大会において大会長でもある社団理事長の成本迅京都府立医科大学大学院教授が「超高齢社会で求められる意思決定支援」について講演しました。

大会のテーマは【現場と研究をつないで生み出す知】で午前の講演・トークセッションに続き午後は2つのワークショップと10の研究・実践発表が行われました。